うったんの、幸せタイム。

自分と向き合い、幸せに気づきながら過ごす私の一日。子供心を忘れずに遊び続けたい大人が、文章とお絵描きで発信しています。

美味しいカレーライスの作り方!残りのルウはカレースープがおすすめです。

2017年11月18日 画像の追加

f:id:mybrog:20170316150455j:plain

こんにちは。我が家の美味しいカレーライスをご紹介します。
カレーのルウはバーモントカレーを使います。辛さ調節のため、いつも甘口と中辛を半分ずつ入れます。

美味しいカレーライスの作り方

じゃがいもは焼き付けて香ばしさをだし、コンソメキューブを入れてコクを出します。残りのルウは、トーストの付け合わせにおすすめです。

材料と調味料

豚肉 じゃがいも 玉葱 人参 にんにく ルウ コンソメキューブ1つ

①具材を好きな大きさに切る。にんにくはみじん切り。
②鍋に油をしきじゃがいもを焼き付ける。焼き色がついたら深い鍋に移す。
③玉葱と人参も炒めて深い鍋に移す。
④油を足してにんにくの香りをだしてから豚肉を炒める。深い鍋に入れる。
⑤水とコンソメキューブ一つを入れて、沸騰直前まで弱めの中火にかける。
⑥アクが出ていればとる。野菜に竹串がささるまで弱火で煮る。
⑦野菜に火が通ったらルウを入れて混ぜてお玉で軽く混ぜて溶かす。
⑧5分~10分とろ火にかけたら火を止めて完成。

f:id:mybrog:20170316150208p:plain

f:id:mybrog:20170316150217p:plain

f:id:mybrog:20170316150227p:plain

f:id:mybrog:20170316150731p:plain

f:id:mybrog:20170316150238p:plain

ポイント

①水は少なめにしてあとで足せるようにします。

②じゃがいもだけを焼き付ける
◎香ばしさを出すため
◎煮崩れを防ぐため

じゃがいもは油をよく吸うので肉を焼くときにもう一度油を足すことになります。ヘルシーではありませんが、焼き付けたほうが香ばしさがでて形もしっかり残ってくれるので安心です。

 

f:id:mybrog:20170315095538j:plain

福神漬けをつけ忘れた写真です。中辛だけで作るとちょっと辛かったので、辛さの調整のために中辛と甘口を半々で入れてます。


トッピング

らっきょう

f:id:mybrog:20171118121746j:plain

らっきょうの塩漬けもよく合います。

野菜のソテー

f:id:mybrog:20171118121800j:plain

フライパンにオリーブオイルをしき、ブロッコリー、かぼちゃ、エリンギ茸をこんがり焼きつけました。

残りのルウはカレースープに!

f:id:mybrog:20171118121242j:plain

トーストの付け合わせに、カレースープにします。具はほとんど残っていなくても水を少し足してレンジで温めます。かなり中途半端な量の一口でも小鉢に入れて残しておきます。

実家ではソースや醤油を入れていたこともあったり、野菜は炒めずに茹でるだけにしたこともあります。もう何年もこの作り方が当たり前になっていますが、ルウの種類も豊富なので家庭の味に差がありそうですね。我が家のカレーライスでした。

ご覧いただきありがとうございます。