うったんの、幸せタイム。

自分と向き合い、幸せに気づきながら過ごす私の一日。子供心を忘れずに遊び続けたい大人が、文章とお絵描きで発信しています。

今夜は肉団子鍋!生姜を効かせたレシピで体を温めよう!

f:id:mybrog:20171106113039j:plain

こんにちは、うったんです。

鍋の美味しい季節ですね。しかも簡単なので大好きです。

そして締めの「雑炊」も最高ですね!

生姜たっぷり肉団子鍋の作り方

f:id:mybrog:20171106131934p:plain

あっため隊の生姜のしょうちゃん!

肉団子のタネには生姜をよく効かせます。
鍋の具材は、その時ある好きなものを入れます。

材料と調味料

f:id:mybrog:20171107094145j:plain

肉団子→ 豚ひき肉と長葱のみじん切りと生姜のすりおろし
具材→ 白菜、春菊、豆腐、大根、人参、しらたき、タラの切り身
調味料→ みりんとかつおだし粉末

①肉団子のタネをつくる

f:id:mybrog:20171106105435j:plain

豚ひき肉とお酒を少々入れて混ぜ合わせてから、長葱のみじん切りと生姜をおろして入れます。生姜はチューブもいいけれど、おろしたても新鮮でおすすめ!

買ってきた生姜はカットして冷凍しておくと使う時に便利です。

f:id:mybrog:20171107094511j:plain
 

②具材をカットして鍋へ

f:id:mybrog:20171106125326p:plain

 

水は鍋に三分の一くらい入れて、みりんとかつおだしは適量入れます。大根と人参と白菜に火が通ったころにタラを入れます。ずっと弱火。春菊、豆腐、しらたきは一番最後です。

◎ポイント

●野菜から水分が出るので水は少なめでスタートして後で追加する。
●野菜と魚とお肉の旨味がでるので、ここで調味料は入れ過ぎない。食べる時にポン酢で調整します。

ここの写真も、材料を並べた写真も忘れてしまったんです。

 

 

f:id:mybrog:20171106121908p:plain

 

③肉団子を入れます

f:id:mybrog:20171106112622j:plain

スプーンですくって肉団子を入れます。簡単!

④最後に豆腐を入れたら完成

f:id:mybrog:20171106113039j:plain

豆腐は加熱しすぎると硬くなってしまうので、テーブルに移動させる間際、ちょっと温める程度です。春菊などの葉物も、すぐ火が通るので一番最後です。

野菜とタラの旨みがたっぷり!

f:id:mybrog:20171106114048j:plain

ポン酢をかけなくても美味しいです。

肉団子はやわらかくできて生姜もよく効いてます。

ぽかぽか!

ここでお鍋タイムはおわり。

汗ばむくらいに体を温めてくれました。

 

 

f:id:mybrog:20171106132027p:plain

 

雑炊タイムー!

f:id:mybrog:20171106114549j:plain

最後のお楽しみ、雑炊タイムです。

この分も考えてお腹を残しておきましょう!

残った汁に昆布茶を少し足してごはんを入れてコトコト温めます。好みのやわらかさにしたら溶き卵を加えて最後に長葱をのせて出来上がり!

 

この時期、生姜で体をぽかぽかにするお鍋はおすすめです!

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m