うったんの、幸せタイム。

自分と向き合い、幸せに気づきながら過ごす私の一日。子供心を忘れずに遊び続けたい大人が、文章とお絵描きで発信しています。

手作りのいちご大福で福をお届けします

謹んで新年のお喜びを申し上げます。

f:id:mybrog:20180102160228p:plain

皆様にとって幸多き一年となりますように、心からお祈り申し上げます。

手作りのいちご大福で福をお届け

f:id:mybrog:20171230131839j:plain

こんにちは、うったんです。

予定通りに年末に作ることが出来ましたのでお届けします!

簡単な作り方

お餅は耐熱容器と電子レンジがあればできます。

【いちご大福6つ分の材料】

いちご6つ 白玉粉100g 砂糖30g 水140ml あんこ100g 手粉用に片栗粉

①苺の水気を拭きとりあんで包む

f:id:mybrog:20171230123911j:plain

ざっと水で洗った苺はへたを取り、ペーパータオルで水気を拭いてあんで包みます。苺を隠すものと見せるもの3つずつ試しました。

②電子レンジでお餅をつくる

f:id:mybrog:20171230124540j:plain

耐熱容器に白玉粉と砂糖と水を入れて混ぜ合わせ、ラップをふんわりとかけて電子レンジで温めます。2分温めたら一度取り出して全体を混ぜ、さらに3分温めます。

f:id:mybrog:20171230125058j:plain

混ぜてみて、もちもち感がでたらお餅の完成!500Wで約5分でした。

③お餅をのばして苺を包む

f:id:mybrog:20171230125246j:plain

まな板に片栗粉をかけてから餅をおき、粗熱が取れてから6等分します。餅生地は冷めると伸ばしにくいので注意してください。

f:id:mybrog:20171230125847j:plain

手にも片栗粉をつけると扱いやすいです。

f:id:mybrog:20171230125857j:plain

あんで包んだ苺をさらにお餅で包みます。

かわいい瞬間です!

 

f:id:mybrog:20180102170804p:plain

 

f:id:mybrog:20171230130154j:plain

6つ包みました。

あまりにも手作り感にあふれてます。

でもお餅はとても柔らかくて扱いやすかったです。

もうすこしきれいに包んでから撮影タイム。

f:id:mybrog:20171230131930j:plain

f:id:mybrog:20171230131957j:plain

大きさは4㎝くらい。アルミカップにのせると食べやすいです。

いただきます!

f:id:mybrog:20171230131812j:plain

切り口も手作り感にあふれてました。

この切り口を参考にして是非、作ってみてください!

 

感想

f:id:mybrog:20180102183920j:plain

 

お年賀として気持ちを込めた「手作りのいちご大福」。手順は簡単なのでおすすめです。6個分の分量で作りました。自分で作るとあんこの量も大きさも調節できますね。3日目でもお餅は柔らかかったです。

そして、全く想像もしていなかった「あったかそうないちご」を見た時は、なんだか嬉しくなりました。自分の手で包むと愛着がわいてくるんですね、きっと。

前回はお忙しい中クイズに参加していただきありがとうございます。温かいコメントをいただきとても嬉しいです。クイズの答えの「いちごだいふく」でした。

苺大福が苦手な方はお気持ちだけでも受け取ってください。いつも当ブログを応援していただき本当にありがとうございます。m(_ _)m

 

 

f:id:mybrog:20180102155851p:plain

 

今年もブログは「楽しく」更新します。たまに思い出して訪問していただければとても嬉しいです。私もブログを通じて出会えた皆様のところへ、ゆっくりではありますが訪問させていただき、素敵なところを吸収していきたいです。

今年もよろしくお願いいたします。